【リグロースラボM7α】ミノキシジル7%でAGAクリニックの外用薬より濃い【オオサカ堂で通販購入】

リグロースラボM7α

AGAクリニックのミノキシジル外用薬(塗り薬)の

値段が高いと不満を持っている人へ

代替品として、リグロースラボM7αをおすすめします。

製品名 リグロースラボM7α
成分 ミノキシジル7%
アゼライン酸
トリペプチド-1銅
Trichogen
内容量 1本60ml
使い方 1回2プッシュ(1mL)を1日2回
価格 3,800円(税込・送料無料)
メーカー Sapphire Healthcare LLC
公式HP https://www.regrowthlabs.com/
製造国 アメリカ合衆国

オススメの理由は以下の通りです。

  • AGAクリニックのミノキシジル外用薬よりも安価
  • プロピレングリコール(PG)なしでかゆみの心配なし
  • リポスフィア技術でミノキシジルの浸透率が高い

 

本ブログではリグロースラボM7αと

他の製品との比較調査した結果を書いています。

 

ミノキシジル外用薬の価格比較

製品名 価格 ミノキシジル濃度
1% 2% 5% 6.5% 7%
リアップX5プラスローション
[大正製薬]
7,752円        
スカルプDメディカルミノキ
[アンファー]
7,800円        
メディカルミノキシジル5%
[東亜薬品(株)]
【イースト駅前クリニック】
5,500円        
HRアクアスプレ-
【湘南AGAクリニック】
9,980円
※クリニック価格
       
4,990円
※オンライン価格
       
リグロースラボM7α
【オオサカ堂】

3,800円

       

※上記の薬剤の用量は全て60mlです。

 

リグロースラボM7αは最安値+高濃度+α

HRアクアスプレ-との価格差は1190円

HRアクアスプレ-

AGAクリニックの中で一番安いHRアクアスプレ-は4,990円です。

リグロースラボM7αは3,800円です。1,190円安いです。

 

ミノキシジル7%で他製品よりも高濃度

AGAクリニックの中では高濃度なHRアクアスプレ-は6.5%です。

リグロースラボM7αのミノキシジル濃度は7%です。濃いです。

 

かゆみの原因であるプロピレングリコールなし

プロピレングリコールは溶剤、医薬品、化粧品、食品、麺類などの品質保持剤と幅広く使用されています。

食品としても使用されており、一般的には安全性に問題がありません。

しかし、まれに刺激やアレルギー反応が起きる可能性あるため、PGを配合する製品は減少傾向にあるようです。

PGの代替として性質が似ているグリセリン等が配合する製品が増えています。

リグロースラボにはPGない代わりにグリセリンが含まれています。

 

 

リポスフィア技術で効果アップ

ドラッグデリバリーシステム(以下、DDS)という

必要な量の薬物を必要な部位に必要なタイミングに送達する技術があります。

DDS技術の1つとして、リポソームとリポスフィアがあります。

リポソームは有効成分を入れるための容器です。

この容器は有効成分が患部に届くよう調整されているため、ミノキシジルはより効果的になります。

また、余計に場所へ届かないことから、副作用は起こりにくくなります。

リポソームは劣化する問題があったため、対策としてリポスフィアが登場しました。

※オオサカ堂には「リポソーム」と記載されていますが、リグロースラボのサイトでは「liposphere」と記載されています。本ブログでは「liposphere」と採用しています。

 

 

まとめ

リグロースラボM7αの特徴は以下の通りです。

  • AGAクリニックのミノキシジル外用薬よりも安価で高濃度です。
  • プロピレングリコールでかゆみの心配なし
  • リポスフィア技術でミノキシジルがより効果的に

コスパがすごい良いと思います!

 

フィナロイドとリグロースラボM7αの併用で効果アップ

フィナロイド

成分 効果 製品名
フィナリステド

・5α-還元酵素II型阻害
・男性における男性型脱毛症の進行遅延

フィナロイド
ミノキシジル

・壮年性脱毛症における発毛
・育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防

リグロースラボM7α

 

全ページ概要
  1. リグロースラボM7αをオススメする理由
  2. リグロースラボM7αの基本情報

コメント