おすすめの植毛クリニック(病院)と選ぶポイントと名医【植毛体験者が解説】

植毛すると決めたが、

どのクリニックを選んだらいいのか分からない人のため、

おすすめのクリニックと

クリニック選びのポイント、

そして、植毛の名医

を紹介します。

 

ページの概要
  1. 植毛クリニックのおすすめ一覧
  2. おすすめの植毛医(地域別)

 

植毛クリニックのおすすめ一覧

日本全国のISHRSに所属している医師とクリニックを紹介します。

関東の植毛クリニック

医師名 ISHRS
会員
ISHRS
参加年度
ISHRS
世界会議
出席回数
ABHRS クリニック
略称
所在地 術式
今川賢一郎 フェロー 1994年 16回 元認定 ヨコ美 横浜

FUT
FUE

柳生邦良 フェロー 2004年 16回 認定 銀座HS 銀座 FUE
長井正寿 フェロー 2006年 9回 認定 東メモ? FUT
FUE
笠井敬一郎 メンバー 2012年 4回 N/A SBC 新宿 FUE
林光輝 アソシエイト
メンバー
2002年 0回 N/A 紀尾井 紀尾井町 FUT
FUE
金子章子 N/A N/A N/A 認定 ボナディア 新横浜

東海の植毛クリニック

医師名 ISHRS
会員
ISHRS
参加年度
ISHRS
世界会議
出席回数
ABHRS クリニック
略称
所在地 術式
蛯沢克己 メンバー 2005年 11回 N/A SBC 名古屋 FUE
對馬彰利 アソシエイト
メンバー
2017年 0回 N/A ITC 名古屋 FUE

関西の植毛クリニック

医師名 ISHRS
会員
ISHRS
参加年度
ISHRS
世界会議
出席回数
ABHRS クリニック
略称
所在地 術式
山本一仁 メンバー 2006年 10回 N/A WBC 梅田 FUT
FUE
丹治英明 アソシエイト
メンバー
2002年 1回 N/A 紀尾井 新大阪 FUT
FUE
谷崎仁俊 アソシエイト
メンバー
2006年 0回 N/A 紀尾井 新大阪 FUT
FUE

九州の植毛クリニック

医師名 ISHRS
会員
ISHRS
参加年度
ISHRS
世界会議
出席回数
ABHRS クリニック
略称
所在地 術式
葛西嘉亮 アソシエイト
メンバー
2017年 1回 N/A ITC 博多 FUE
分山博文 アソシエイト
メンバー
2018年 0回 N/A SBC 博多 FUE

 

補足

クリニック略称

クリニック略称 正式名
ヨコ美 ヨコ美クリニック
銀座HS 銀座HSクリニック
SBC 湘南美容クリニックAGA
紀尾井 紀尾井町クリニック
ボナディア ボナディアクリニック
ITC アイランドタワークリニック
WBC ウェルネスビューティクリニック
東メモ 東京メモリアルクリニック

ISHRS

ISHRSは「INTERNATIONAL SOCIETY OF HAIR RESTORATION SURGERY」の略称で、

和名は国際毛髪外科学会です。

ISHRSは世界最大の自毛植毛専門の学術団体です。

会員のランクは以下の通りです。

フェロー > メンバー > アソシエイトメンバー

ABHRS

ABHRSは「American Board of Hair Restoration Surgery」の略称で、

和名はアメリカ毛髪外科学会です。

ABHRSは植毛の治療技術を認定している団体です。

 

クリニック選びのポイント

危ないクリニックの特徴と

正しいクリニックを選ぶポイントを

解説します。

危ないクリニックの特徴

通常であれば、どこまで毛を植えたいのか?

と理想の状態を医師から質問されると思います。

回答は以下の2パターンになると思います。

  • 薄毛になる前と同じようにフサフサな状態まで回復させたい
  • 部分的な回復だけでOK

 

フサフサになりたいけど予算が足りないのであれば、

お金が貯めて出直すという選択肢もあるはずです。

 

こちらの理想や都合はお構いなしに予算内での治療を急かしたり、

予約を急かすようなクリニックはやめた方が無難です。

チェックするポイントを挙げていきます。

  • カウンセリングにドクターが出てこないところはパス
  • カウンセリングのドクターと手術するドクターが別なところはパス
  • 勧誘が強引なクリニックはパス
  • 施術内容にかかわらず、初めから支払える予算を聞いてくるところはパス
  • 症例のビフォーアフターは良いものだけ、微妙なのは出てこない

 

クリニックではなく医師で選ぶ

知名度でクリニックを選ぶよりも、医師を選ぶことの方が重要です。

―そうなると、何を基準に選べばいいのでしょうか?
人、つまり「医師」です。脳や心臓、あるいはがんのような生死に関わる手術では、大学病院などで実績のある「医師」を選びますよね。同じ大学で同じ方法を学んだ医師なら誰でもいい、ということにはならないのです。それなのに、植毛治療になると、なぜ「方法」にばかり注目し、「医師」に着目しないのかと思いますね。「方法」も大事ですが、その方法で結果を出す技量のある「医師」の施術を受けることが大事だと私は思います。

Doctors File 医療法人横美会 ヨコ美クリニック 今川賢一郎 より引用

今川医師は複数の医師に直接会って、医師を選ぶように言っています。

 

医師を見るポイント

医師を見るポイントは以下の通りです。

人柄
  • 実際に会ってみないと分からない事があるのでカウンセリングは重要
  • 評判が良くても相性が合わない医師は避ける
  • 高圧的な話し方をする医師は避ける
キャリア・技量
  • 植毛歴は長いに越したことはない
  • アメリカ毛髪外科専門医(ABHRS)が最も良い。
    クリニックが宣伝する自称「ゴッドハンド」のような肩書よりも客観的で信頼できる
  • アメリカ毛髪外科専門医(ABHRS)からお墨付きの医師も良い
学ぶ意欲
  • 学会所属は医師に学ぶ意欲があるかどうかを見極め観点の1つ
  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)に所属していると良い。
    ISHRSは世界最大の自毛植毛専門の学術団体
  • ISHRSは会員にランクがある。
    フェロー > メンバー > アソシエイトメンバー
  • ISHRS承認会議参加は海外の植毛医と議論できる知識がなければ務まらない。また、参加回数の多さは学ぶ意欲の高さと見てとれる

 

コメント