ミノタブはロイド社製の2.5mgがおすすめ【オオサカ堂で購入可】

ミノキシジルタブレットはどれがいい?メーカーを比較

このページでは

ミノキシジルタブレットを製造しているメーカーである

Lloyd社と

T.O. Chemical (1979) Ltdを

ミノタブ5mgを通して比較した結果をお伝えします。

 

ミノキシジルタブレット5mg[Lloyd社製]

ミノキシジルタブレット 5mg

フィリピンの

ロイドラボラトリーズ社が

製造している

ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品です。

 

商品名

ミノキシジルタブレット

効果 細胞の増殖促進
細胞成長因子の生産促進
血流増加
成分 ミノキシジル 5.0mg
内容量 1本100錠(約3カ月分)
価格 3,700円
(2019/9/14現在)
メーカー LLOYD LABORATORIES INC
(ロイドラボラトリーズ)
製造国 フィリピン

 

副作用を弱めたい人向けに

ミノキシジル2.5mgもあります。

 

ミノキシジル10.0mgも存在しますが、

日本人には成分量が多すぎるので

服用はおすすめしません。

 

ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg

ミノキシジルタブレット(Noxidil)

タイの

T.O. Chemical (1979) Ltd社が

製造している

ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品です

 

商品名

ミノキシジルタブレット

効果 細胞の増殖促進
細胞成長因子の生産促進
血流増加
成分 ミノキシジル 5.0mg
内容量 1箱100錠(約3カ月分)
価格 2,903円
(2019/9/14現在)
メーカー T.O. Chemical (1979) Ltd
製造国 タイ

 

ミノキシジル10mgも存在しますが、

日本人には成分の量が多すぎるので

服用はおすすめしません。

 

 

 

価格を比較してみた

T.O. Chemical (1979) Ltd社の

ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg

の方が価格は安いです。

(2019年9月14現在)

 

商品名

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

効果 細胞の増殖促進
細胞成長因子の生産促進
血流増加
細胞の増殖促進
細胞成長因子の生産促進
血流増加
成分 ミノキシジル 5.0mg ミノキシジル 5.0mg
内容量 1本100錠(約3カ月分) 1箱100錠(約3カ月分)
価格 3,700円
(2019/9/14現在)
2,903円
(2019/9/14現在)
メーカー LLOYD LABORATORIES INC
(ロイドラボラトリーズ)
T.O. Chemical (1979) Ltd
製造国 フィリピン タイ

 

メーカーと製造国も違います。

こっちの違いも見ていきます。

 

ロイドラボラトリーズ社とT.O. Chemical (1979) Ltd社を比較

T.O. Chemical (1979) Ltd社の方が

歴史が古いですが、

資本金などの情報がないので

規模は比較できませんでした。

 

名称 LLOYD LABORATORIES
INC
T.O. Chemical (1979) Ltd
業種 医薬品 医薬品
設立 1989年 1979年
所在地

#124-126B Scout Dr. Lazcano, Corner Tomas Morato
Brgy. Sacred Heart, Quezon City, Metro Manila
Philippines

280,280/1-11,280/14-16 Soi Sabaijai, Suthisan Rd. , Huaykwang, Bangkok 10310 Thailand

公式HP http://lloydlab.com/ http://www.togroupthailand.com
主な
商品

フィナロイド(フィナステリド)
ミノキシジルタブレット(ミノキシジル内服薬)
デュタボルブ(DHT阻害薬)

ミノキシジルタブレット(ミノキシジル内服薬)
ニナゾルシャンプー

 

ロイドラボラトリーズ社のアピールポイント

2008年にISO9001を取得し、

cGMPの基準を満たす工場を持ち、

フィリピン国内で

高品質な医薬品を製造しています。

2018年1月15日に日医工株式会社と

業務提携しています。

 

T.O. Chemical (1979) Ltd社のアピールポイント

TOグループ会社は30年以上にわたり、

製薬業界で成功を収めています。

GMP基準に準拠しており、

米国食品医薬品局およびISO 9001:2008の認定を受けています。

 

どちらもGMPに準拠し、

ISO9001を取得しています。

差はあまりないです。

 

印象

ロイドラボラトリーズ社の印象

ロイドラボラトリーズ社は

日本企業である日医工と

業務連携しており、

信頼できると思います。

 

T.O. Chemical (1979) Ltd社の印象

企業のメールアドレスが

gmail

です。

企業としての信頼性を高めるなら、

フリーメールは

使わないでほしいです。

 

企業としての体裁が残念なので、

お薬の価格が低いことは

魅力に見えますが、

品質まで低いのではないか

と心配になります。

 

おすすめ

おすすめはロイドラボラトリーズ社の

ミノキシジルタブレットです。

 

T.O. Chemical (1979) Ltd社より

価格は高いですが、

日本企業と業務連携している点で

信頼できます。

 

コメント