リグロースラボM5とリアップX5比較レビュー!副作用・口コミ解説

リアップX5プラスローションの基本情報

リアップX5

商品名 リアップX5プラスローション
包装 60ml
本体価格(税抜き) 7,048円
成分(100mL中) ミノキシジル5.0g
ピリドキシン塩酸塩0.05g
トコフェロール酢酸エステル0.08g
l-メントール0.3g
公式HP https://brand.taisho.co.jp/riup/riupx5/product/

成分のはたらき

ミノキシジル 発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する。
ピリドキシン塩酸塩 過酸化物質やフケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制する。
トコフェロール酢酸エステル 皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する。
l-メントール 頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える。

 

リアップX5プラスローションの用量用法(使用方法)

性別・年齢 成人男性(20歳以上)
回数 1日2回
1回1ml
部位 薄くなっているいる頭皮にぬる

 

リアップX5プラスローションの副作用

副作用の症状

関係部位 症状
皮膚 頭皮の発疹・発赤*、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系 頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器 胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系 原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

*:頭皮以外にあらわれることもある

副作用が発生する確率

8.82%

参考:医薬品医療機器統合機構,再審査報告書,平成25年12月26日

 

国内の発毛剤は値段が高い

リアップx5プラスローションは大正製薬から販売されている発毛剤です。

すでに海外で販売されているロゲインと中身は同じですが、

リアップX5は販売前に臨床試験を行い、販売後も副作用の発生を調査をしています。

そのような試験や調査をした費用が発毛剤の価格に反映しているため、おのずと価格は高くなります。

しかし、臨床試験をしているおかでげ副作用の発現率が分かるため、リアップX5のデータは今でも役に立っています。

 

そもそもミノキシジルとは

AGA治療の大御所である柳生邦良(やぎゅうくによし)先生によるミノキシジルの解説です。

解説される時間帯は 5:20~21:55 です。

 

【柳生先生の解説ポイント】

  • 男性はミノキシジル5%を選ぶのが基本
  • ミノキシジルの作用は髪の毛根細胞を元気にし、太い髪を増やして抜け毛を減らす
  • 初期脱毛は使用初期の1~2カ月頃に一時的に抜け毛が増える反応。これは効果が出ている良い兆候。
  • 15%のような高濃度を一度に塗るよりも5%を複数回に分けて塗る方がよい。浸透すればどちらも同じだが、高濃度は副作用が早く出てくる可能性がある。
  • 発毛効果には個人差がある。ミノキシジル自身に発毛効果はない。ミノキシジルと特殊な酵素がくっついて別物になって毛を生やす。その別物に変わりやすいか否かが発毛効果に影響する。

 

全ページ概要
  1. リグロースラボM5をオススメする理由
  2. リアップX5プラスローションの基本情報
  3. リグロースラボM5の基本情報

コメント